ブロックチェーンの有用性とは?PumaPayが実証します!

暗号通貨業界について考えるとき、まず頭に思い浮かぶのはブロックチェーンです。ブロックチェーンは画期的、革新的、そして包括的な用語です。テクノロジー、ビジネス、教育、そして他の多くの分野で応用できる可能性について、ブロックチェーンの話題は尽きません。今までより効率的、今までより高速、そして今までより透明性の高い未来を予見させるような力がブロックチェーンには秘められているのです。このインフラストラクチャは、すべてのトランザクションを記録および文書化し、データを暗号化してセキュリティと統合性を確保する分散型プラットフォームに基づいています。個人情報の保護および暗号通貨の普及に対する期待が高まる傍ら、この技術はすでにFintech分野での応用がどんどん進められています。

ブロックチェーン技術の未来は確実に有望ですが、その長期的成功の可能性を本当に保証するのは技術の有用性です。PumaPayプロジェクトでブロックチェーンの将来がどのようになるのか、そしてこれまでに当プロジェクトが何を成し遂げたのかを学べばその有用性を確かめられます。このプラットフォームは、事業主や顧客のために設計されたブロックチェーンベースの支払い請求インフラストラクチャの一種です。ブロックチェーン技術のの革新的なアーキテクチャ(構造)を採用し、それを従来の決済システムの柔軟性と組み合わせて、日常決済の重要な側面、つまり支払いに重点を置いたサービスを提供します。

さらに、PumaPayが発案したような暗号通貨支払いソリューションによって、時間とコストがかかる銀行間送金はもはや不要となります。 PumaPayは、加盟店のグローバルなネットワーク全体でブロックチェーン取引を実現しています。たとえば日本円で請求される日本での購読料をあなたが支払いたいと仮定しましょう。通常、クレジットカードを使用する場合は時間がかかり、特に通貨変換レートが悪いとコストが高くつきます。PumaPayによって世界中のユーザーと企業が取引手数料と待ち時間から開放され、オンライン支払いに切り替える流れができつつあります。PumaPayのPMAトークンを使えば、ストレスや追加費用なしでそれが可能です!

PumaPayはスマート・コントラクトの独自バージョンであるプル型コントラクトを作成しました。これによって、契約条件の成立と合意をもとに事業主がソリューションをニーズに合わせてカスタマイズし、顧客のウォレットから資金を直接引き出せるようになります。

ブロックチェーンソリューションとして、PumaPayの取引は匿名です。個人データを侵害しそれを消費者に対して悪用するFacebookやGoogleといった巨大企業に反発する風潮が高まる昨今、PumaPayのようなブロックチェーンプロトコルは匿名性を尊重して異なる道を選んでいます。

この記事についてあなたはどうお考えですか?

TelegramFacebookTwitter、そして InstagramでPumaPayをフォローして最新ニュースをチェックしましょう。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.