ニュース、公式アナウンス

PumaPayウォレットがBitcoinに対応しました!

PumaPayウォレットがBitcoinに対応しました! 今後、BTCの保管、送付、受取、他通貨への交換*がウォレット内でできるようになります。 複数のウォレットや通貨交換にもう悩まされることはありません。日々の暗号通貨関連タスクに必要なものはPumaPay暗号通貨ウォレットに全て備わっています。*他通貨への交換は、日本国内での利用を目的としたものではありません。 Androidではすでに利用可能ですが、iOSについては今週後半にリリースされる予定です。PumaPayのモバイルアプリは、暗号通貨を便利に使うためのすべての機能が備わっています。今後、ビットコインを含むERC20トークンの保管、送付、受取、他通貨への交換*がウォレット内でできるようになります。お約束した通り、一番おおきな暗号通貨についに対応しました。 PumaPayウォレットは機能やオプションを拡張しています。基本的なウォレットの機能の上に、ウォレット内からのサブスクリプション管理機能、つまり、ウォレット内から定期支払契約の申し込み、管理ができます。これは、ウォレット内からサブスクリプション契約を即時解約できる機能も含むため、ビジネス側や銀行側にいちいち連絡をする必要がありません。加えて、数週間前にはChangellyの暗号通貨間交換機能が実装されています。そして最後になりましたが、私たちのアプリは第三者機関の脆弱性診断を通過しました。この包括的な診断の中で、ハッカーがウォレットの秘密鍵を抜き取ろうとする行為は成功しませんでした。PumaPay暗号通貨ウォレットは安全であることが証明されました。ビットコイン、イーサリアム、PMA、ERC20に加え、他に何を管理する必要があるのでしょうか? 今後も重要なお知らせが控えています。 Telegram, Facebook, Twitter, and Instagram をフォローして、最新情報をチェックしましょう!

PumaPay Wiki 及び API ドキュメントが入手可能です

PumaPay のプル型決済ソリューション導入をお考えですか?導入プロセスを一歩一歩サポートし、これまでにないくらい容易にする開発者向け Wiki 及び API ドキュメントをご用意しています。 Wiki には、PumaPay ソリューションを導入するために必要なあらゆるリソースや、いくつかの視覚的な例、「どのようにプル型決済プロトコルが動作するか」等のよくある質問への回答が含まれています。加えて API ドキュメントは、どのようにして効果的な請求モデルを作成し、正しい情報がサーバーに渡されるよう適切にパラメータを追加するか、という点についてさらに詳しい情報を提供します。 Wiki 及び API 文書は我々の開発チームによって作成され、また整備されています。どちらも、全体を通した情報や段階的な手引きを含んでいます。例えば下図のようなものです。 新しくリリースされた開発者向け Wiki 及び API ドキュメントをご覧になり、 Telegram / Facebook / Twitter / Reddit でご意見をお聞かせください。

PumaPay が Glosfer/HYCON と戦略的パートナーシップを締結

Glosfer/HYCON と PumaPay が、事業提携を通してブロックチェーン活用事例を増やすため、一連のブロックチェーンプロジェクトの戦略的業務提携(MOU)を締結しました。 2018年12月19日 韓国、ソウル 韓国のブロックチェーン専門企業 Glosfer/HYCON 及びキプロスを拠点とするブロックチェーン基盤の決済プロジェクト PumaPay が、いくつかのブロックチェーン関連プロジェクトにおいて戦略的業務提携(MOU)を締結したことを発表しました。これを受け、両社は韓国の公共機関や地方自治体が展開するブロックチェーン基盤のプロジェクトと連携し、専門知識やノウハウを共有することになります。 PumaPay の革新的なオープンソースでブロックチェーン基盤の請求プロトコルは、 IronFXやFashionTV を始めとした多くのトップブランドの注目を浴び、プロトコル導入の確約を得てきました。このプロジェクトは、あらゆる事業者がもつ様々なロジックに対応できる、便利なプロトコルの提供のためデザインされました。PumaPay はクレジットカードやチャージバックといった旧来の仕組みを置き換え、暗号通貨による定期購読の支払いを含む柔軟な請求・支払いシナリオを可能とする、比類のないプル型決済サービスをもたらします。  PumaPay が上場済みの取引所の中では、 Upbit で BTC のペアと、 OKCin にて KRW のペアとそれぞれ取引が可能です。 韓国第一世代のブロックチェーン企業である Glosfer/HYCON は、すでに独自コイン HYCON をメインネットとともに公開し、国内外の取引所に上場しています。また、地域通貨「ノウォン」やソウル・永登浦区の提案評価システム、海洋水産部の港湾管理システムなど、公共機関と政府のブロックチェーンプロジェクトを受注することで技術力が認められ、名実ともに韓国を代表するブロックチェーン専門企業に成長しました。 Glosfer/HYCON の CEO キム・テウォン氏は、「高い技術力を武器に政府事業を展開するなど、ブロックチェーン・プラットフォームとして認められた Glosfer/HYCON が、 PumaPay の韓国マーケットへの戦略的な進出を支援していきます。この度の PumaPay との MOU 締結は、共同のブロックチェーン事業を推進するだけでなく、ブロックチェーン技術の教育や決済システムの構築など、ブロックチェーンの活用事例を拡げるきっかけとなるでしょう。」と述べました。 PumaPay の CEO Yoav Dror 氏は、「私たちは強固なプル型決済プロトコルをつくりだしました。現在は、事業者や個人が暗号通貨での支払い・請求を可能とする様々なアプリケーションを構築しているところです。アジアにおいて Glosfer/HYCON のような素晴らしい企業とともに活動を拡げ、現地のブロックチェーンプロジェクトに関わることは、 PMA トークンの有用性を強化し、私たちの存在感を増すことにつながるでしょう。」と述べました。

OKCoinがPumaPay(PMA) トークンに対応

先進的でグローバルなビットコイン取引所のOKCoinが取扱暗号通貨リストを拡大し、PumaPay (PMA)トークンに対応することになったことをご報告いたします。PMA/KRW ペアの取り扱いは韓国標準時12月17日19:00-20:00の間に開始する予定です。 私達のチームはソリューションのさらなる開発に取り組んでおり、我々のエコシステムを発展させ、我々のトークンの利便性を向上させるさらなる機会を探しています。今回の対象通貨拡大に伴い、PMAトークンが韓国の暗号通貨コミュニティによりアクセスしやすいものになることを願っております。 Twitter をフォロー、Telegramコミュニティに参加してPumaPayの最新情報をチェックしましょう!

AtomicウォレットがPumaPayに対応

先日、PumaPayがもう1つの暗号通貨ウォレットに上場されました。PumaPay (PMA) はこの度Atomic ウォレットの資産リストに追加されたことをご報告いたします。 Atomicによると、彼らのデスクトップウォレットは”非中央集権化のクロスチェーンアトミックスワップに対応した初の暗号通貨ウォレット”で、300を超える暗号通貨の交換機能が内蔵されており、XRP, BTC, LTC, ETHなどをクレジットカードで購入できる機能を提供しています。 Changelly やFreewalletへの上場と同様に、Atomicウォレットは、世界中の暗号通貨ユーザーに近づくための一歩となるでしょう。   コミュニティに参加して、最新情報をチェックしましょう!  

PumaPay暗号通貨ウォレットアプリ:脆弱性診断

私達の暗号通貨ウォレットアプリの安全性が外部の会社によって評価され、脆弱性診断を通過したことをご報告いたします。この過程において、第三者はプライベートキーを抜き取ることはできませんでした。 PumaPayでは、ユーザーのプライバシーを真剣に考慮しており、オンラインの安全性を確保し、データ漏洩を防ぐために、私達の製品の脆弱性を評価するシステム分析を定期的に実施しています。 脆弱性診断が無事完了したことに続き、プログラム開発者を招きPumaPay Bug Bountyプログラムという、起こりえる弱点を見つけるためのプログラムの導入を計画しています。 コミュニティに参加して、最新情報をチェックしましょう! Facebook, Telegram and Twitter

Scroll to Top