Articles


ブロックチェーン、暗号通貨にとって2019年はどんな年になるのでしょうか?

2018年は暗号通貨やブロックチェーンにとってとても難しい1年でした。ブロックチェーンという技術にとっては、多くの意味でいい年だったかもしれません。というのも、ようやくブロックチェーンというものが暗号通貨とは別の概念ということがようやく認知されたからです。しかし2019年はもっと有望な年になりそうです。より多くのブランドが技術自体や暗号通貨を受け入れ始め、特にRobinhood や  TD Ameritradeのような主要な取引所がBTCや他の暗号通貨取引を取り扱うことになることも大きいです。多くの評論家はこれを前提に、ブロックチェーン技術を採用する会社が多くなればなるほど、この技術への投資が...

Continue Reading

Continue Reading

暗号通貨とPumaPay愛好家への11のおすすめギフト

今年のクリスマスは、大切な人達に、珍しくて驚かれるような暗号通貨やブロックチェーングッズの贈り物をして楽しませましょう。何がいいかわからないまま理想のギフトを探す必要はありません、私達におまかせください。予算に応じて、様々なギフトを用意しました。 1.$20でかっこいいメッセージ入りのTシャツとマグカップが購入できます。これをあなどるべきではありません。「もうマグカップはいらないよ」という声が既に聞こえてきますが、これは単なるマグカップではありません。面白くて凝ったメッセージが書いてあるマグカップが  EtsyやAll Things Decentralにあります。後者では、靴下や帽子など、クリ...

Continue Reading

Continue Reading

ビットコインは悪魔に関係している?理不尽な暗号通貨陰謀説

ブロックチェーンの技術と暗号通貨はフィンテック業界で一番話題に上るテーマの1つですが、その多くは謎に包まれ、いくつかの陰謀説を生み出すまでになりました。暗号通貨の主要な登場人物の1人でビットコインの創設者のナカモトサトシは今日まで匿名を保っているという事実は、神話性を強めており、オンラインユーザーの中でいくつもの偽情報が出回っています。 最も有名な陰謀説を見てみましょう: 1. 獣の刻印 人間はたいてい、ビットコインやその他の暗号通貨を含め、よくわからないものを悪魔化する傾向があり、その複雑な性質のために闇に包まれます。以下の陰謀説によると、ビットコインは“獣の刻印”であるとのことです!この説...

Continue Reading

Continue Reading