暗号通貨、ブロックチェーン、フィンテック

ブロックチェーン、暗号通貨にとって2019年はどんな年になるのでしょうか?

2018年は暗号通貨やブロックチェーンにとってとても難しい1年でした。ブロックチェーンという技術にとっては、多くの意味でいい年だったかもしれません。というのも、ようやくブロックチェーンというものが暗号通貨とは別の概念ということがようやく認知されたからです。しかし2019年はもっと有望な年になりそうです。より多くのブランドが技術自体や暗号通貨を受け入れ始め、特にRobinhood や  TD Ameritradeのような主要な取引所がBTCや他の暗号通貨取引を取り扱うことになることも大きいです。多くの評論家はこれを前提に、ブロックチェーン技術を採用する会社が多くなればなるほど、この技術への投資が増えるという主張をしています。 持続可能なプロジェクト 例えばPumaPayは、全ての詐欺をなくして、真面目で、商品を基にしたソリューションを異なる業界のトップ企業へ導入し、利用を促しています。持続可能性や成熟を求めるブロックチェーンのプロジェクトの一般的な傾向の一部分として、PumaPayは多くの業界での先進的な技術を用いて、広く使われる技術としてブロックチェーンの基盤を作る道を開いています。2019年はそのようなプロジェクトが成熟期に入り、本物のアプリケーションや新しいソリューションを導入すると期待しています。Binance CEOで創設者のとChangpeng Zhao(CZ)は述べるところによると、「2018年は難しい年でしたが、私達は業界に対して長期の見通しをもっています。2018年は開発が進み、2019年には、実物の商品やアプリケーションが市場に投入されることになるでしょう。 より多くの投資 PwCの報告によると、顧客はブロックチェーンの新興企業に大金をつぎ込んでいて、2019年中にはその出費が少しづつ増加していくだとうとのことです。PwCのグローバルレポート「2020年以降の金融サービス技術:破壊を受け入れる」によると、資金調達やイノベーションの盛り上がることで、引き続きブロックチェーンをより制度化する流れが続くでしょう。」 さらに、「パブリックレジャーとしてのブロックチェーンの利用は金融機関の技術や業務基盤にとって不可欠な部分になるでしょう」とも述べられています。 デロイトの2018年の調査「ブロックチェーンをオープンに」が報じるところによると、ブロックチェーンは多くの企業にとって優先度の高い投資であり、回答者の39%は、次の数年でブロックチェーン技術に5百万ドルかそれ以上の投資をするとのことでした。 暗号通貨は蘇る 暗号通貨はより安定した市場になって戻ってきますが、コインの有用性のための正しい環境を作ろうとする真面目な、規制に対応したビジネスはより長い寿命を持つでしょう。 より厳しい規制 規制監督者はブロックチェーンソリューションをより深く見ていこうとしています、というのも、特に近い未来に、より主要な組織や政府組織が採用するためです。例えば2018年には、業界では既に変化の兆しを見ていました、マルタが安生通貨やICO規制を作る第一の国となり、ロシアやインドは暗号通貨に対して国家規制を準備しています。特に、インドは暗号通貨を合法化しようとしており、国は厳格なルールをもって暗号通貨市場に参加したいという思惑があります。2月に、政府機関は金融庁に向けて包括的レポートを提出しますが、そちらで詳細が明らかになると思われます。 G7によって創設された反マネーロンダリング政策を作るFATFという組織を通じて、反マネーロンダリングやテロ規制法などの規制が多くの国に課されるようになります。仮想資産のFATF 規制は、犯罪組織またはテロリストの資金洗浄行為におけるリスクを監視したり、 2015年には仮想通貨へのリスクに基づいた手法を発表しています。 しかしほとんどの専門家が言うように、2019年は多くの仮想通貨やブロックチェーンプロジェクトが成熟を迎え、正当でないものは終わりを迎えるでしょう。詐欺と本物の区別がようやくつき、ブロックチェーン業界が正しくて真面目で、正当な注目を得るようになります。業界には教育やより多くの才能をひきつける需要が確実にあり、多くの企業が業界の課題を満たすことに苦労していますが、彼らの必死な努力が少しずつ実を結んでいます。より主要な会社や慈善団体がブロックチェーンに対応することで、技術が再び脚光を浴びるようになるでしょう。そんな2019年はもうそこまで来ており、既にその大きな可能性を感じています。SNSを通じて、私達の今後数カ月の計画を公表していきますので、是非チェックしてみてください!

ブロックチェーンの有用性とは?PumaPayが実証します!

暗号通貨業界について考えるとき、まず頭に思い浮かぶのはブロックチェーンです。ブロックチェーンは画期的、革新的、そして包括的な用語です。テクノロジー、ビジネス、教育、そして他の多くの分野で応用できる可能性について、ブロックチェーンの話題は尽きません。今までより効率的、今までより高速、そして今までより透明性の高い未来を予見させるような力がブロックチェーンには秘められているのです。このインフラストラクチャは、すべてのトランザクションを記録および文書化し、データを暗号化してセキュリティと統合性を確保する分散型プラットフォームに基づいています。個人情報の保護および暗号通貨の普及に対する期待が高まる傍ら、この技術はすでにFintech分野での応用がどんどん進められています。 ブロックチェーン技術の未来は確実に有望ですが、その長期的成功の可能性を本当に保証するのは技術の有用性です。PumaPayプロジェクトでブロックチェーンの将来がどのようになるのか、そしてこれまでに当プロジェクトが何を成し遂げたのかを学べばその有用性を確かめられます。このプラットフォームは、事業主や顧客のために設計されたブロックチェーンベースの支払い請求インフラストラクチャの一種です。ブロックチェーン技術のの革新的なアーキテクチャ(構造)を採用し、それを従来の決済システムの柔軟性と組み合わせて、日常決済の重要な側面、つまり支払いに重点を置いたサービスを提供します。 さらに、PumaPayが発案したような暗号通貨支払いソリューションによって、時間とコストがかかる銀行間送金はもはや不要となります。 PumaPayは、加盟店のグローバルなネットワーク全体でブロックチェーン取引を実現しています。たとえば日本円で請求される日本での購読料をあなたが支払いたいと仮定しましょう。通常、クレジットカードを使用する場合は時間がかかり、特に通貨変換レートが悪いとコストが高くつきます。PumaPayによって世界中のユーザーと企業が取引手数料と待ち時間から開放され、オンライン支払いに切り替える流れができつつあります。PumaPayのPMAトークンを使えば、ストレスや追加費用なしでそれが可能です! PumaPayはスマート・コントラクトの独自バージョンであるプル型コントラクトを作成しました。これによって、契約条件の成立と合意をもとに事業主がソリューションをニーズに合わせてカスタマイズし、顧客のウォレットから資金を直接引き出せるようになります。 ブロックチェーンソリューションとして、PumaPayの取引は匿名です。個人データを侵害しそれを消費者に対して悪用するFacebookやGoogleといった巨大企業に反発する風潮が高まる昨今、PumaPayのようなブロックチェーンプロトコルは匿名性を尊重して異なる道を選んでいます。 この記事についてあなたはどうお考えですか? Telegram、Facebook、Twitter、そして InstagramでPumaPayをフォローして最新ニュースをチェックしましょう。

ブロックチェーンが変える素晴らしい10のこと

ブロックチェーン技術というのは、金融業界での最近の流行語になっています。第3者を排除しながらビジネスにおいて使いやすい方法を見つけるという約束は、ブロックチェーンのファン、会社、起業家の間で熱狂を生み出しており、一連のセクターや業界を変える可能性があると認めています。 ブロックチェーンののような非中央集権構造が変えることができるものをいくつかご紹介します。 1.伝統的金融システム ブロックチェーンは、中間業者を排除し取引に透明性をもたらす構造を提案しています。大幅な変革がなされていない複雑な基盤の一部として、未だに銀行が国家間の取引の主導権を握っている一方、ブロックチェーン技術は銀行の介在なしに団体間の直接取引を可能にします。さらに、ブロックチェーン技術は規制監督庁のために、より透明性がありアクセスのしやすい記録を提供します。 2.いずれの種類の取引の安全性 共有台帳は全ての記録を保持することになります。そうであるがゆえに、販売情報は変えることができません。ブロックチェーンは非中央集権的、暗号技術、合意形成システムの性質を持つため、不正は防止され、変更を加えることは不可能です。 3.健康情報の保管・携帯性 新しい健康政策に申し込むときに、以前のサービス提供者や医療機関から記録を集めて提出しなければいけないのは、頭が痛いものです。ブロックチェーンを使えば、個人情報に不正アクセスされることなく、よりシンプルに全ての詳細情報を登録することができます。 4.偽造品と高級品 このカテゴリには、デザイナーのファッション作品だけでなく、貴重な石やアンティーク品も含まれます。ブロックチェーンは不正アクセス防止のシステムであるため、出所や履歴が共有台帳に記録されます。取引履歴を持つことで、その作品を追跡し、適切な目録ができ、全ての情報が透明性のある記録となります。これにより、高級品の状態や価格の保証をしたり、評価することができます。 5.グローバル食品サプライチェーンにおける透明性 取引履歴においてブロックチェーンのプラットフォームが提供する透明性を鑑みると、フェアトレード製品のバナナがラベルの通りのものなのか確認することができるようになります。さらに、商品は追跡情報を持つようになり、販売者がパッケージで主張している新鮮さも確認できるようになります。 6.フェイクニュース フェイク(偽)ニュースはトランプのお気に入りの言葉かもしれませんが、ソーシャルメディアは造られた嘘を速く広めてしまい、真実と嘘を区別するのはもはや簡単ではなくなっています。私たちの多くは、嘘や誤解を生むようなソーシャルメディア広告、ブログ、ニュースの犠牲になってしまうことが多いです。ブロックチェーンでは、そういった情報はネットワークによって承認される必要があり、この認証ステップは、ニュースを公表したり、シェアすることを難しくします。 7.コンテンツ権限管理 ブロックチェーンは、作家が著作権を守ることを助けたり、顧客が購入したものの独自性を保証してくれる力があります。 8.自動化 既存のビジネスモデルは時間がかかるバックエンドの作業を必要とし、複数のシステムを使うことでより複雑なものになってしまいます。結局、通常業務を処理する必要性にいらいらすることになります。ブロックチェーンのエコシステムはAIやロボット作業などの力を借りることで、業務を自動化することができます。 9.気候変動 二酸化炭素排出量や緑の地球に貢献できることがある プロジェクトに関わっている想像をしてみてください。今月フライトに乗ったとしたら、それと同等の二酸化炭素排出量をコインで購入し、グリーンプロジェクトを支援することができるというようなものです。 10.取引手数料を下げ、プライバシーを向上させる 私達は、ますますデジタル化される世界に生きています。ほぼすべてのものがオンラインで取引でき、その便利さは、数十億もの人が享受できるものです。しかし、既存の決済システムはその制限や透明性の欠如の観点で批判されることが多いです。ブロックチェーン技術を基にしたプラットフォームは、1つの場所で、お気に入りの定期購読を提供したり、低い手数料、高いレベルの安全性や取引の透明性などを保証します。共有の台帳システムによって、二重払いの問題や、定期支払についてのミスコミュニケーションから解放されます。今日の世界において、ブロックチェーン商品はよりよく機能し、安いコストで、長く持ちます。データ、プライバシー、取引、オーナーシップをどう見るかは、商品やサービスの新しい波が生まれる基礎の役割を果たします。1つ確実なのは、私達はビジネスが作られる情報の境界線に立っているということです。次の世代のサービスは、ユーザーや起業家にとって、より柔軟で、報酬が多く、信頼性が高く、利益が見込まれるものになるでしょう。

暗号通貨とPumaPay愛好家への11のおすすめギフト

今年のクリスマスは、大切な人達に、珍しくて驚かれるような暗号通貨やブロックチェーングッズの贈り物をして楽しませましょう。何がいいかわからないまま理想のギフトを探す必要はありません、私達におまかせください。予算に応じて、様々なギフトを用意しました。 1.$20でかっこいいメッセージ入りのTシャツとマグカップが購入できます。これをあなどるべきではありません。「もうマグカップはいらないよ」という声が既に聞こえてきますが、これは単なるマグカップではありません。面白くて凝ったメッセージが書いてあるマグカップが  EtsyやAll Things Decentralにあります。後者では、靴下や帽子など、クリスマスの靴下に入れられるものも手に入ります。 2.カフスボタンを着けるようなスタイリッシュな男性には、シンプルに上質なエレガントなタッチをもらたしてくれるものがよいかもしれません。こちら やこちら で購入してみてください。 3.ビットコイン コースター は、悩まず使えるもう1つの選択肢です。 4.男女問わず、$70でハイカットのスニーカーを手に入れて、まわりの一歩先を行ってみてはいかがでしょう?こちら がセールになっています。 5.彼や彼女へ贈るセーターです。暗号通貨に投資しているカップルにはぴったりですね!お子さんがいる方には、こんなかわいい赤ちゃん用のボディースーツはいかがでしょうか。結局は可愛くないセーターの季節なので、クリスマスジャンパー や暗号通貨クリスマスTシャツを自分用に買ってみてもいいかもしれませんね。 6.友人や家族に囲まれ、暖かいお茶やジンジャーブレットビスケットを飲みながら暖炉も周りに座っているときというのは、ボードゲームをプレイする絶好の機会です。 Bitcoin, the Card GameやCrypto Cardsで暗号通貨を紹介してみるのはいかがでしょうか? 7.暗号通貨や新しいトークンを取引するのがどんなに楽しいかを話し出すと止まらない友達には、マウスパッドをHODLすることを念押ししてください。 Just HODL it は真面目な暗号通貨ファンにとっては面白い贈り物です。 8.あまり暗号通貨のファンではない親友が、1990年代のレイブ・パーティーを昨日のことのように思い出したり、American Dadのお気に入りの登場人物がJeff Fischerだとしたら、まさにその人です!はい、もうわかりましたね。彼におススメのギフトがあります (女性は好きではないので、その方が女性でないことを願います)!ビットコインのマークがついたレイブ・オールドスタイルのバケットハットは、純粋に懐かしいものですね。 9.知らないかもしれませんが、暗号通貨愛好家は芸術を見る目があります。結局は、人生においていいものが好きということなのですね。他よりも本当に目立ちたかったら、これら の珍しい品はあなたや、あなたの特別な人へのクリスマスギフトにぴったりかもしれません。すごくかっこよくて目をひく芸術は、フィジカルにビットコインを貯蓄できる手段にもなる機能的なアートで、Cryptoartで手に入ります。はい、もうわかりましたね。Cryptartはアートとコールドウォレットのビットコインを統合し、ビットコインをコールドウォレットに保管しながらビジュアル的にもビットコインを楽しむ安全な方法を提供してくれます。これがこのリストで今のところ一番オリジナルのギフトです。 10.上質でいつでも重要なギフトはハードウォレットです。暗号資産をオフラインで最大限安全に保管できます。ERC20に使えるLedger Nano Sや Trezorを試してみてください。 11.最後のギフトは、いつも先んじて、ブロックチェーン技術について質問をしてくる、物知りおばさんへの贈り物です。彼女の質問に全部答えてくれる、可愛らしい暗号通貨の本を贈ってみてください。 それでは、楽しいショッピングを!

ビットコインは悪魔に関係している?理不尽な暗号通貨陰謀説

ブロックチェーンの技術と暗号通貨はフィンテック業界で一番話題に上るテーマの1つですが、その多くは謎に包まれ、いくつかの陰謀説を生み出すまでになりました。暗号通貨の主要な登場人物の1人でビットコインの創設者のナカモトサトシは今日まで匿名を保っているという事実は、神話性を強めており、オンラインユーザーの中でいくつもの偽情報が出回っています。 最も有名な陰謀説を見てみましょう: 1. 獣の刻印 人間はたいてい、ビットコインやその他の暗号通貨を含め、よくわからないものを悪魔化する傾向があり、その複雑な性質のために闇に包まれます。以下の陰謀説によると、ビットコインは“獣の刻印”であるとのことです!この説は新約聖書、第13章のヨハネの黙示録に起源をもち、そこでは人々は日々の必需品を調達するために体に刻印を押されていたと述べられています。今では文字通り技術による刻印ですが、皮下に埋め込まれたチップでビットコインを持つことができるので、この説が宗教界や保守派に広まっています。こういった装置が年初に出てきた時、あるツイッターのユーザーはこうつぶやきました:「リップルもXRPも好きだけれど、チップは絶対にいらない!獣の刻印だ!神を称えよ!」 2.CIAとMI5が秘密任務の資金調達をするためにビットコインを創造した この主張は、ロシアの富豪女性の1人であり、ロシアのサイバーセキュリティ会社Kasperskyの共同創業者であるNatalya KasperskyがサンクトペテルブルクのITMP大学でのプレゼンテーション中に作ったもので、根拠が全くないというわけではありません。彼女のスライドにはこうありました:“ビットコインは米国諜報機関のプロジェクトで、他国における米国、イギリス、カナダの諜報行為に即時の資金調達を可能にするべく作られたものです。技術はインターネットやGPS, TORのように私的利用されています。実際、それはドル2.0なのです。レートは取引所の所有者によってコントロールされています。” また、彼女はナカモトサトシは米国暗号使用者全体のコードネームであるとも説明しています。彼女のような影響力のある人がそのような主張をした時に、ニュースというものは、どれほどでたらめな情報であったとしても、あっという間に本格的な陰謀説に仕立て上げられてしまうことを無視することはできません。 3.政府がBTCを買っている いくつかの政府が世界中で秘密裏にBTCを買い集めているというものです。この説は政府によるビットコインの没収に端を発しており、政府はそれを売ることで何百万ドルもの利益を得ているというものです。政府だけでなく、政府のオークションでBTCを割引価格で購入したTimothy Draperなどの投資家も含まれます。 4.Mt Goxの失墜が陰謀説を誘因した 日本における最大のビットコイン取引所であったMt.Gox(名前は、マジックザギャザリングオンライン交換所から来ている)は、2014年2月末に破産しました。85万ものビットコインがハッキングによって失われ、28百万ドルもの現金は会社の銀行口座からはすでになくなっていました。ビットコインの価格が暴落したことから、これがビットコインの終わりであるかのように恐れられました。伝えられるところによると、そのうち20万ビットコインは、Karpeleによって忘れられていたウォレットに見つかったとのことですが、65万については見つかることはありませんでした。端的に言うと、Mt.Goxは未だ事件が調査中とのことで破産保護下におかれています。 フランス人の開発者で2011年に取引所を購入したMark Karpelesは3億4千百万円(3百万ドル)を顧客資金があるMt.Goxの口座から彼の名義の口座に2013年に送金したとの詐欺と横領の罪に問われ、2015年8月に日本で逮捕されました。Karpelesはさらに、Mt.Goxの取引システムの中で口座残高を水増しした罪にも問われています。彼は2016年7月に保釈されるまで収監されていました。32歳のチーフエグゼクティブは、Mt.Goxのビットコインの紛失に関しては有罪と認められませんでした。彼の話は興味深いものですが、大きな額のビットコインの紛失に、Mt.Goxは主張しているほどの額のビットコインは持っていなかった、Karpelesが実際より多くのビットコインを取引所が持っていると見せかけるために操作していたとの説まで出てきました。もう1つの陰謀説としては、米国政府がGoxのコールドウォレットを差し押さえて、Karpelesはその真実を公にしないように命じられたというものもあります。 5.唯一の世界通貨 未来の世界において、世界はエリート階級によってつくられた1つの通貨を共有するという説です。この説は、通貨がトレーサブルで世界の誰もが使わざるを得ないという点で、獣の刻印と少し関係しているものがあります。これは、トレーサブルで、BTCは新しい世界秩序を作るために世界中で使われるサイバー通貨という点においてブロックチェーン技術と適合しています。 6.陰謀説が新しい陰謀説を生む ビットコインが米国政府や中国、NSAの作り物であるというものから、ナカモトサトシはAIであるというものなど、信じられないような説があふれています。ビットコインや暗号通貨は、暗号通貨支持者やオンラインユーザーの想像力を刺激し、オンラインスペースを魅了し続け、ユーザーが信念や説を共有するコミュニティの感覚を作っていくのです。現実世界における出来事に端を発し、これらの陰謀説はブロックチェーンの民間伝承の類になっており、暗号通貨が日常生活でより一般的に使われるようになるに従って、新しい説は疑いようもなく生み出され続けるでしょう。

Scroll to Top