クレジットカード詐欺の脅威とブロックチェーンの優位性

PumaPay 決済プロトコルの早期導入事業者は、ブロックチェーン上の支払いが柔軟性、機能性、そして安全性において非常に優れているという純然たる事実に基づいて導入を決断してきました。ブロックチェーンによる決済は、データが分散化されているためリスクが低いのが特徴です。そのうえスマート・コントラクトは、より多くの自由、セキュリティ、速さ、コスト効率、そして精度を実現します。これらの特性は全て決済仲介企業には提供できないものです。PumaPay は、クレジットカードの使用において問われる透明性と信頼の問題に真剣に取り組んでいます。多くの企業が金融取引における詐欺行為防止に苦労しているのが実態であり、ブロックチェーンの技術は解決策を示す確かな希望です。本稿ではクレジットカードの利用時に発生しやすい身分情報の盗難や詐欺のケースをいくつか精査し、ブロックチェーン技術がそうした不正行為の問題を解決できるかどうか考察を深めてみましょう。

クレジットカード詐欺: 知っておくべき全ての事実 

サービスやその他の支払い場面において、我々はオンライン決済や PayPal 、 Google Wallet 、 Skrill などの便利な支払いサービスにますます依存しています。その過程で、なんらかのトラブルに巻き込まれるのは当然の結果かもしれません。カードとモバイル決済業界の統計を提供している Nilson Report の推計によると、カード詐欺を原因とする損失額は、現在世界全体で 228 億ドル ( 2 兆 3000 億円超) にのぼり、 2021 年には 329 億 6000 万ドル ( 3 兆 3000 億円超) に達すると予想されています。

クレジットカードの利用に起因する様々なサイバー犯罪の中で、主要な 2 つを区別することができます。それはカードそのものが絡んでいるタイプと、実物のカードが絡んでいないタイプです。最も一般的な詐欺は、不正な詐欺メールによってカード情報がインターネット上で盗まれた際に発生します。稀なケースとして、スキミングと呼ばれる詐欺はスキマー (skimmer) と呼ばれる機器にカードをスキャンさせ、カードに搭載されている磁気ストライプの情報を盗みます。犯罪者は、盗んだ情報と偽のカードをオンラインで悪用できるわけです。

URL が HTTPS ( Hypertext Transfer Protocol Secure ) で始まらないウェブサイトへリンクで誘導し、不明確な相手へ個人情報の開示を要求する電子メールは大変危険です。

決済の未来 

決済の未来として脚光を浴びるブロックチェーンは、オンライン通信と課金システムの影に潜んでいる様々な脅威から、金融決済を救う可能性を秘めています。すなわち、詐欺が横行し、本質的には不必要な仲介者の役割を金融機関が果たしている、伝統的な決済システムを淘汰する存在としてブロックチェーンがあるのです。暗号通貨の支払いは、プライベートネットワークを介して当事者から特定の受取人へ資金が送り出される動きによって特徴付けられます。各決済はブロックチェーンに記録され、全データはすべてのユーザーがアクセスできる状態で保存されます。

PumaPay の プル型決済プロトコルは、例えば、事業主が、 3 つの利用可能な選択肢から適切な請求モデルを選ぶことができます。その選択肢とは、一括支払い、定期継続支払い、そしてそれらの組み合わせです。需要に最適な支払いモデルに申し込む顧客に対し、事業主はこれらのスマート・コントラクトを提供します。決済はモバイル端末を用いて実行されます。事業主が QR コードを介して顧客から支払いの承認を得たうえで、顧客のウォレットから支払い金額を引き出すことができます。仲介する第三者もいなければ、顧客の個人情報を共有する必要もなく、事業主が負担するわずかな送金手数料を除けばコストはほとんどかかりません。事業主は、毎回の決済で支出する 0.5 % から 5 % のクレジットカード手数料を削減できます。さらに、すべての情報が透明かつ明確に記録されます。もちろん、不正利用被害の賠償として銀行が顧客に支払う余分な経費も削減されます。ブロックチェーンを使用すると、詐欺のリスクが軽減されるため、無駄な心配は無用です。PumaPay のスマート・コントラクトのようなブロックチェーンを介した支払いは、事業主が直面するチャージバックのリスクを排除し、エンドユーザーの匿名性を保証します。

一般的に、クレジットカード決済は容易にハッキングの脅威に晒されると言われる一方、ブロックチェーン決済はそうしたリスクが皆無であるとみなされています。だからこそ、金融業界はブロックチェーン技術の将来性に期待を寄せているのです。詐欺行為の脅威に晒されるセキュリティ上の明白な懸念があると、事業主はかなりのコストを負うだけでなく、そのブランドと消費者のロイヤリティを損なうことになりかねません。もしブロックチェーンソリューションの可能性に興味を持っていたりオンライン詐欺の被害から顧客とビジネスを守りたいのであれば、 PumaPay がオンライン決済を簡素化するためにブロックチェーン技術をどう活用しているのか、公式ウェブサイトでぜひ確認してみてください。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.