グローバルブロックチェーン技術のスナップショット

この数か月間、ブロックチェーン技術、そしてその重要性や独自性を市場参加者が認知し始めたことを確認していました。各国政府は未だ気が進んでいませんが、様々な業界の会社が設立した会社は、分散化台帳がそれぞれの業務に応用できる可能性があるということを確認してきています。

ビジネス環境は新興技術について疑念を持っているかもしれませんが、ブロックチェーンはポジティブな影響をもたらすことができます。未だに主流はそれを技術やビジネスの病気の根源と見ていますが、ブロックチェーンは確実に物事を速く、アクセスしやすく、安くてより安全なものにすることができます。

ブロックチェーンによって深刻な影響がある業界は、決済業界です。伝統的なシステムは一向に成熟せず、多くの欠陥をかかえています。それは、クレジットカード詐欺、個人データ漏洩、非効率な決済システム、遅い技術、中間業者や大いに中央集権化されていることなどです。決済に関して、ブロックチェーンはリアルタイムで、単一かつ透明性のある取引記録を作ることができ、それは壊れることがありません。ブロックチェーンでの決済はマニュアル処理や第三者認証を必要としません。

2018年10月まで話を進めると、より多くのアイディアがスタートアップだけでなく大企業によっても実現されてきたのがわかります。過去2カ月間だけでも、ビジネス界における4つの主要な企業がブロックチェーン革命に加わりました。Uber最大の株主、SoftBankIBMUnionPayと組んだBank of Chinaが、決済システムとしてのブロックチェーンを探求しています。

そして、より多くの企業や大きなビジネスがブロックチェーンで実験をしているのを見てきましたが、最終的にどう適用するのかという課題が残ります。シンプルに使うことはできるのでしょうか?どれだけアクセス可能なのでしょうか?もちろん、IBMは別の革新的商品を世界に挑戦する素晴らしい計画を持っているのですが、大多数の消費者を考慮にいれたものからはかけ離れたものです。企業がブロックチェーンへシフトするのはごく自然な進歩なのですが、詐欺を排除した上でプロジェクトが多くの顧客セグメントへ訴求できているかを検討していきましょう。

結局のところ、ブロックチェーン技術は小規模ビジネスやスタートアップのおかげで広まってきています。つまり、決済のみにフォーカスしている会社のビジネスモデルを見ると、決済のためのブロックチェーンが実際に機能するかどうかのよい知見を提供してくれます。例えば、PumaPayは適例です。ブロックチェーンの経験だけでなく、PMAトークンやその他のアルトコイン、導入者の拡張されたネットワークに対応しているデジタルウォレットも提供しています。事業者のウェブサイトは、WIXやFashionTVなど、いかなる消費者も関係がありえるサービスを提供している様々な会社を含んでいます。この包括的なエコシステムは、異なる産業で、商品やその他のサブスクリプションを提供しているグローバルブランドに支えられています。

ビットコインのような暗号通貨が決済の合理的な手段であるかどうかは議論が続いていますが、ブロックチェーンは金融取引の変化を促しながら決済の世界を着実に前進させています。PumaPayのアイディアは、新しい枠組みを作り上げたということで有益なものです。その新しい枠組みとは、小売り事業者、企業、デジタル決済と広い領域の消費者が統合し、協業する独自のエコスシステムです。PumaPayのソリューションは、伝統的な構造を壊し、時代遅れのエコシステムを打破しながら、エンドユーザーの需要を満たすことを最優先事項においています。

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.