PumaPay は顧客保護のためサイバーセキュリティ企業 Segasec と協力

2018年11月14日、キプロス、リマソル:オープンソースのブロックチェーンベース支払い請求プロトコルである PumaPay は、企業やパートナーにサイバーインテリジェンスとフィッシング対策ソリューションを提供するサイバーセキュリティ企業 Segasec との提携を発表しました。ビジネスのデジタル化が拡大し、オンラインで事業展開する企業が増えているなか、企業にとって潜在的なリスクからデータを保護することはもはや不可欠となっています。

PumaPay は Segasec と協力してビジネスと顧客の保護に必要な措置を積極的に講じており、同社の洗練された職務倫理とプロ意識に大きな感銘を受けてきました。

PumaPay の開発元企業である Decentralized Vision の CEO Yoav Dror 氏は、次のように述べています。「決済ソリューションを提供する企業として、我々はセキュリティを最優先課題と位置づけており、その目的において Segasec は素晴らしいパートナーです。弊社組織にとって最善のサイバー攻撃情報ソリューションを確保するため、今後とも彼らと協力し続けます。」

Segasec の CEO 兼共同設立者の Elad Schulman 氏は次のように語っています。「悪意のあるフィッシング攻撃から PumaPay のブランドおよび顧客を守る重責を担うことについて、我々は身の引き締まる思いでいます。外部のサイバー攻撃を予測し一歩先を行くには、深い理解だけでなく脅威に対して常に敏感に対応しなくてはなりません。Segasec PumaPay のような複雑で革新的な支払いシステムに最適なセキュリティソリューションを提供することを目指しています。」

PumaPay について:

PumaPay は、トランザクション処理サービスの全レイヤーが分散化された、無料でオープンソースなブロックチェーンベースのプロトコルを提供しています。包括的で柔軟なプロトコルにより、提携者はほぼ既存の請求方法を使用してトランザクションを処理することができ、従来の方法(クレジットカード)とブロックチェーンベースのソリューションを組み合わせることが可能です。さらに詳しい情報は、こちらをご覧ください https://pumapay.io

Segasec について:

サイバーインテリジェンスとアンチフィッシングソリューションの革新企業として、 Segasec は顧客とビジネス運営を脅かすフィッシング攻撃から企業ブランドとオンライン資産を守ります。Segasec が有する特許出願中技術と専門的分析は、フィッシング活動を早期に検出し、ユーザーがフィッシングスキームに巻き込まれる前に攻撃元サイトを特定します。  Segasec は、悪意のあるフィッシング詐欺集団と対峙する最前線に位置しており、何十億ドルもの暗号通貨の保護を託されています。さらに詳しい情報は、こちらをご覧ください https://segasec.com/

 

コミュニティに参加して、最新情報をチェックしましょう!
 

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.