ブロックチェーン、暗号通貨にとって2019年はどんな年になるのでしょうか?

2018年は暗号通貨やブロックチェーンにとってとても難しい1年でした。ブロックチェーンという技術にとっては、多くの意味でいい年だったかもしれません。というのも、ようやくブロックチェーンというものが暗号通貨とは別の概念ということがようやく認知されたからです。しかし2019年はもっと有望な年になりそうです。より多くのブランドが技術自体や暗号通貨を受け入れ始め、特にRobinhood や  TD Ameritradeのような主要な取引所がBTCや他の暗号通貨取引を取り扱うことになることも大きいです。多くの評論家はこれを前提に、ブロックチェーン技術を採用する会社が多くなればなるほど、この技術への投資が増えるという主張をしています。

持続可能なプロジェクト

例えばPumaPayは、全ての詐欺をなくして、真面目で、商品を基にしたソリューションを異なる業界のトップ企業へ導入し、利用を促しています。持続可能性や成熟を求めるブロックチェーンのプロジェクトの一般的な傾向の一部分として、PumaPayは多くの業界での先進的な技術を用いて、広く使われる技術としてブロックチェーンの基盤を作る道を開いています。2019年はそのようなプロジェクトが成熟期に入り、本物のアプリケーションや新しいソリューションを導入すると期待しています。Binance CEOで創設者のとChangpeng Zhao(CZ)は述べるところによると、「2018年は難しい年でしたが、私達は業界に対して長期の見通しをもっています。2018年は開発が進み、2019年には、実物の商品やアプリケーションが市場に投入されることになるでしょう。

より多くの投資

PwCの報告によると、顧客はブロックチェーンの新興企業に大金をつぎ込んでいて、2019年中にはその出費が少しづつ増加していくだとうとのことです。PwCのグローバルレポート「2020年以降の金融サービス技術:破壊を受け入れる」によると、資金調達やイノベーションの盛り上がることで、引き続きブロックチェーンをより制度化する流れが続くでしょう。」 さらに、「パブリックレジャーとしてのブロックチェーンの利用は金融機関の技術や業務基盤にとって不可欠な部分になるでしょう」とも述べられています。
デロイトの2018年の調査「ブロックチェーンをオープンに」が報じるところによると、ブロックチェーンは多くの企業にとって優先度の高い投資であり、回答者の39%は、次の数年でブロックチェーン技術に5百万ドルかそれ以上の投資をするとのことでした。

暗号通貨は蘇る

暗号通貨はより安定した市場になって戻ってきますが、コインの有用性のための正しい環境を作ろうとする真面目な、規制に対応したビジネスはより長い寿命を持つでしょう。

より厳しい規制

規制監督者はブロックチェーンソリューションをより深く見ていこうとしています、というのも、特に近い未来に、より主要な組織や政府組織が採用するためです。例えば2018年には、業界では既に変化の兆しを見ていました、マルタが安生通貨やICO規制を作る第一の国となり、ロシアやインドは暗号通貨に対して国家規制を準備しています。特に、インドは暗号通貨を合法化しようとしており、国は厳格なルールをもって暗号通貨市場に参加したいという思惑があります。2月に、政府機関は金融庁に向けて包括的レポートを提出しますが、そちらで詳細が明らかになると思われます。

G7によって創設された反マネーロンダリング政策を作るFATFという組織を通じて、反マネーロンダリングやテロ規制法などの規制が多くの国に課されるようになります。仮想資産のFATF 規制は、犯罪組織またはテロリストの資金洗浄行為におけるリスクを監視したり、 2015年には仮想通貨へのリスクに基づいた手法を発表しています。

しかしほとんどの専門家が言うように、2019年は多くの仮想通貨やブロックチェーンプロジェクトが成熟を迎え、正当でないものは終わりを迎えるでしょう。詐欺と本物の区別がようやくつき、ブロックチェーン業界が正しくて真面目で、正当な注目を得るようになります。業界には教育やより多くの才能をひきつける需要が確実にあり、多くの企業が業界の課題を満たすことに苦労していますが、彼らの必死な努力が少しずつ実を結んでいます。より主要な会社や慈善団体がブロックチェーンに対応することで、技術が再び脚光を浴びるようになるでしょう。そんな2019年はもうそこまで来ており、既にその大きな可能性を感じています。SNSを通じて、私達の今後数カ月の計画を公表していきますので、是非チェックしてみてください!

0.00 avg. rating (0% score) - 0 votes

    No Comment.